双条光華のエンタメ一刀両断!でタグ「高里椎奈」が付けられているもの

IN・POCKET 2005年5月号

IN・POCKET 2005年5月号

講談社 (2005/05/15)
200円(税込)

 特集は「文庫で翻訳ミステリーを読もう」。翻訳ミステリをほとんど読まない私にとって、参考になる内容かと思ったが、あまりに多く挙げられていたため、結局どれが良いかよくわからなかった。なんだか、宣伝っぽいし。

 高里椎奈の『銀の檻を溶かして』が文庫化されたそうで、「もうひとつのあとがき」が掲載されていた。高里氏の作品は未読だが、この機会に読んでみたい。最近は、舞城王太郎の作品も相次いで文庫化されており、いろいろ読んでみたいものはあるが、なかなか手が回らない。

 『IN・POCKET』は、北原亞以子の「霧笛」以外はすべて読んでいるが、小説もエッセイも面白いものばかりで、分量もちょうど良く、200円分は十分に楽しめる。これからも充実した内容を期待。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。