双条光華のエンタメ一刀両断!でタグ「笹生陽子」が付けられているもの

楽園のつくりかた

楽園のつくりかた

笹生陽子
角川文庫 (2005/06/25)
420円(税込)

 星野優はエリート中学生だ。成績優秀、頭脳明晰、パソコンも使いこなすし、人生設計も組み立て済み。そんな優は母親の一言でド田舎へ引っ越すことになった。優を待っていたのは、自然以外に何もない風景とボケ始めているおじいちゃん、そしてたった3人のクラスメートだった。

 非常にスマートなプロットで、寸分の無駄もない。巧みに配置された様々な要素が絶妙に絡まりあいながら一つの物語を紡ぎだしていく過程は見事だ。エリートとしての強い自負を抱きつつも、ド田舎で出会う出来事のなかで揺れ動く心の様子が、主人公自身の語りによって表現される。その語り口は軽妙で、時に愉快でありながらも、時に切なく、時に痛々しい。児童文学としての読みやすさを備えつつも、読みやすいだけでは終わらずに、それぞれの言葉が自生しているかのようだ。

 プロットに関しては、大変理知的に練られており、ミステリ小説のような驚きを与えてくれる。それらをここに書き連ねるなどという野暮なことは出来ないので、ぜひとも読んで、その驚きを感じて欲しい。

 笹生陽子は、周囲の人たちに溶け込もうとしない主人公を描くことが多いように思う。本作の主人公、星野優もそうだ。常に周囲を見下している彼は、他人を利用する時には利用するが、邪魔な時には無視する。もちろん、あからさまな態度を見せることはない。それでこそのエリートだ。だが、そんなエリート意識も田舎の生活の中で、徐々に崩れてゆく。その崩壊と共に、彼の心には新しい何かが芽吹き始めるのである。

 著者の十八番とも言える人物設定からくる作品の安定感。そこで描かれる主人公の心の不安定さとその成長。そして、効果的に配置された人物や小道具の数々。さらに、大胆かつ巧みな仕掛け。それらが渾然一体となった本作が傑作でないはずがない。「児童文学なんて」と食わず嫌いを言っていないで、素直に読んでみることをおすすめします。きっと、大好物になることでしょう。

きのう、火星に行った。

きのう、火星に行った。

笹生陽子
講談社文庫 (2005/03/15)
390円(税込)

 「とことんついてない日は、いつも突然のようにやってくる。」何事にも本気を出さず、クールでいることをモットーにしている主人公、山口拓馬は小学6年生。そんな彼の生活はある日を境に一変する。病気がちで療養していた弟が、突然家に帰ってきたのだ。それに追い討ちをかけるように、学校では体育大会のハードル選手に選ばれてしまう。クールな生活に邪魔が入ったことで、次第に彼の考えも変わっていく。そして、ついていない日は、いつしか懐かしい日々の中に埋もれてゆくのである。

 物語の構図としては、『ぼくらのサイテーの夏』と同様であった。登場人物の性格や配置にも似通っている部分があるので、バリエーションの一種と考えても良いかもしれない。それだけ、作者は少年の成長というテーマを大切にしているのだろう。

 似通っていると書いたが、似ていて飽きてしまうということはない。どちらも同じように傑作で、とても心地よい小説なのである。有機的につながった人間関係の中で、互いに成長していく様子は、無理なくスムーズに構成されており、丁寧さが感じられる。弟との関係の変化をキーアイテムとなるゴーグルを上手く使うことで、象徴的に表現しているところも良い。

 そして、なんといっても、『きのう、火星に行った。』という不思議なタイトルが魅力的である。おそらく、このタイトルに目を惹かれてこの作品を読んだ人もいるだろう。全くストーリーと関係がないようでいて、とても大きな意味を持っている。火星に行くというのは何を意味しているのか。それは、主人公に欠けていたもの、すなわち情熱を表しているのだと思う。彼は、弟たちとの交流の中で、それを取り戻し、物語の最後には火星に行くことができるのである。

ぼくらのサイテーの夏

ぼくらのサイテーの夏

笹生陽子
講談社文庫 (2005/02/15)
400円(税込)

 1995年に「ジャンボジェットの飛ぶ街で」が講談社児童文学新人賞佳作となった、著者のデビュー作。デビュー後、数々の賞を受賞している、児童文学界注目の作家である。

 明日は夏休みという、終業式の日に問題を起こし、休み中のプール掃除の罰を与えられてしまった主人公。しかも、嫌いな栗田と二人きりで。こうしてサイテーの夏が幕を開けた。

 小学6年生の少年の冷めた目線で語られる物語は、大きな展開があるわけでもないのに、なぜかワクワクさせてくれる。大人に比べれば狭い世界も、子供にとっては十分に広い世界で、たったひと夏、一ヶ月ぐらいの間にもいろいろな出会いがあって、いろいろな経験をするのだ。そして、徐々に、でも確実に彼らは成長していて、悩みなんかなさそうでも、それぞれ悩みを持っていて、しっかりと本気で生きている。そんな少年たちの生き方や成長がストリートに伝わってきて、大人の目線で読んでいるのに、いつのまにか作中の少年たちと同化してしまうような感覚を抱かせてくれた。

 短い小説で、作中の時間も短いけれど、その倍以上の濃さを持った時間を過ごしている少年たち。かれらの成長を無理なく、ゆったりと心地よいペースで描いており、まさに一服の清涼剤と呼ぶにふさわしいた傑作であった。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。