双条光華のエンタメ一刀両断!でタグ「梶原ひかり」が付けられているもの

「友達も消えた…もう学校なんて行かない!先生どうして私をイジメるの」

 このドラマもそろそろ折り返し地点か。真矢(天海祐希)に抵抗する和美(志田未来)の孤立無援の状況は、由介(松川尚瑠輝)および、彼の祖父(祖母?)きょうこ(篠井英介)により打破された。

 和美と由介の団結により、真矢と対立するための基盤は整ったように思う。現時点で、すでに第6話が放送されているが(未見)、5話を観て感じたのは、真矢はやはり教育者であるということだ。前回の感想で、真矢には教育者としての理念などないのではないかと書いたが、それは誤りだったらしい。

 真矢が育てようとしているのは、どんな厳しい状況に置かれても、決して負けることなく、また、自分の信念を曲げることなく戦うことのできる人間なのだろう。それは彼女自身のような人間であり、クラスの中で最も有望なのは和美である。真矢は和美を一番評価しているに違いない。だからこそ、彼女には強く当たるのだ。そして、幾度となく降伏を促す。それは、和美の精神力をテストするためでもあり、彼女を強くするためでもある。

 徹底的に生徒のことを調べ上げ、知り尽くしている真矢が、財布を盗んだ真犯人を知らないはずはないし、和美が溺れた原因に気付かないわけもない。にもかかわらず、彼女に救いの手を差し伸べないのは、彼女に期待しているからなのだろう。

 しかし、真矢の教育は、和美や由介を強い人間にすることには成功しているかもしれないが、同時に恵里花(梶原ひかり)や馬場(永井杏)といった、精神的に弱い生徒を放置し、あるいは、真矢自身が生み出してしまってさえいる。彼女たちは今後どうなって行くのだろうか。まさか、このままということはあるまい。今後の真矢の行動に注目しなくてはいけない。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。