双条光華のエンタメ一刀両断!でタグ「山下智久」が付けられているもの

 中間レビュー第2弾。にしても、完全に出遅れてしまい、最終回が近くなってしまった……。
 今回は、「四つの嘘」「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」「恋空」の3作品。

 前回の記事もぜひ「2008年夏季ドラマの感想(1)」

四つの嘘

 第7話まで視聴済み。
 脚本家・大石静による小説『四つの嘘』(幻冬舎文庫)を原作として、大石自らの脚本によりドラマ化された作品。視聴している夏季ドラマの中では一番見応えがある。

 女子校の同級生、原詩文(永作博美)・西尾満希子(寺島しのぶ)・灰谷ネリ(高島礼子)の3人は、同じく同級生の戸倉美波(羽田美智子)の死をきっかけに再会することから物語が始まる。3人の女性たちを中心に、生々しい人間関係が描かれており、シンプルな構成ながらも非常に見応えがあって引き込まれる作品になっている。

 ただ、美波の死が物語を始動させるきっかけである必然性が感じられない。前半の美波の死にまつわる展開(不倫相手との死など)と、後半の3人それぞれの物語との関連性が薄いように思えるのだ。冒頭の美波の死は、視聴者を惹きつけるという意味では効果があるだろうが、その後の展開への影響が少ないために、お飾りのようにしか感じられない。彼女のモノローグも必要性はなく、そもそも、美波という人物の存在意義すらも疑われるような構成なのである。

 「四つの嘘」というタイトルで、4人の女性を中心に据えた物語ということであれば、当然「四つの嘘」=「四人の嘘」というように結びつけられる。私も、当初はそのように考えながら、観ていたのだが、それは作者のミスリーディングだということに気づいた。四人の中でも“魔性”と呼ばれ、多くの男を魅了してきた詩文は、全くと言って良いほど嘘をついていないのである。
 詩文は、常に冷静でありながら、自分の考えに忠実に生きている。そこに、裏の思惑や狡猾さは感じられない。詩文と比べると、普通の主婦である満希子の方が醜いのである。詩文は、自分の意志を強く持ち、常にそれを信じ、それに忠実に生きてきた。そんな詩文に男性たちは魅力を感じ、その結果、“魔性”と呼ばれるようになったのだろう。
 だが、詩文自身には、男をたぶらかそうなどという、つまらない考えもなく、愛するまま、愛されるままに生活してきただけなのだ。本質的に“素直”な生き方をしてきた詩文が“魔性”と呼ばれてしまうというのは、現代社会に対する皮肉なのではないだろうか。
 ちなみに、美波のモノローグの中で「詩文は嫌な女だったけど、天国から見ていると意外と筋が通っている」というような部分があったことから、作者が意図的に詩文という人物を配置しているのは明らかだろう。

 さて、注目すべきキャストとしては、西尾家の家庭教師・大森基を演じる崎本大海を挙げておこう。作中の役柄は東大生だが、崎本自身は、慶應義塾大学に在学中。アメーバブログでブログを書いている若手俳優によって結成されたユニット「PureBOYS」のメンバーでもある。知的な雰囲気を醸し出しつつ、どことなく裏のありそうな表情が良くでている。今後の活躍については未知数だが、期待したい。

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

 第9話まで視聴済み。
 「医龍」「救命病棟24時」などを手がけた脚本家・林宏司によるフライトドクターを描いた医療ドラマ。手慣れた作りで、飽きることなく楽しめる作品。

 ドクターヘリによるダイナミックな映像と、緻密な人物描写により、見応えのある作品になっている。毎回冒頭に「前回までのコードブルー」というナレーションが入るところからしても、「24」などの海外ドラマを意識しているらしく、登場人物一人一人のエピソードも充実しており、緊迫感ある構成にもなっている。

 藍沢耕作(山下智久)の祖母のエピソードや、黒田脩二(柳葉敏郎)の事故など、医療現場における厳しさを濁すことなく、描いているところには好感を覚える。

 藍沢役の山下智久をはじめとして、白石恵役の新垣結衣、緋山美帆子役の戸田恵梨香、藤川一男役の浅利陽介、冴島はるか役の比嘉愛未など、若手のなかでも演技力のあるメンバーに加え、黒田役の柳葉敏郎、田所良昭役の児玉清や三井環奈役のりょうなどのベテランも充実しており、安心してみられる。映像表現の美しさも魅力といえよう。

 山下智久は冷静で無口な役柄がよく似合っている。ちなみに、公式サイトには、山下の画像も掲載されているが、他の出演者とは異なり、イラストタッチに加工されているのがなんとも……。ジャニーズ事務所もいい加減、普通に写真を掲載できるようにすべきだと思うが。

恋空

 第2話まで視聴済み。
 美嘉によるケータイ小説『恋空』(スターツ出版)を原作とした作品。すでに映画化もされており、目新しさはない。

 原作のファンにとっても、相次いでの映画化・ドラマ化は食傷気味なのではないだろうか。実際、視聴率は5%程度と苦戦している。私は、原作も映画も見ていないが、人物設定や描写に違和感を感じ、あまり楽しめていない。

 美嘉(水沢エレナ)はどのような性格なのだろうか?比較的まじめな女子高生かと思っていたら、強引なヒロ(瀬戸康史)にあっけなく恋をして、タツヤ(永山絢斗)から離れてしまった。美嘉の心の中は分からなくもないが、ヒロと付き合い始めるまでの描写があまりにサラッとしていたため、違和感を感じてしまう。まじめな性格であるならば、ヒロと付き合おうと思うまでには様々な葛藤があるだろうに。
 物語の表面的な展開をなぞるだけではなく、きちんとした心情描写をしてほしいものだが、この作品に、それを求めるべきではないのだろうか。

 瀬戸康史には優しさと頼りなさを感じてしまい、ヒロ役には似合わないような気がする。永山絢斗は「パズル」に引き続き、味のある雰囲気がなかなか良い。二人とも今後に期待したいが、瀬戸康史にとっては、本作がマイナスの評価につながってしまうのではないだろうか。

 KAT-TUNのCDデビューについて何か書こうかと思っていたら、NEWSの活動休止が発表されてしまった。触れないわけにはいけないので、KAT-TUNに関してはまた今度。

 未成年メンバー(17)の飲酒疑惑が報じられた人気グループNEWSについて、所属事務所「ジャニーズ事務所」は3日、グループとしての活動を5月以降、休止させることを発表した。3、4月に予定されている全国ツアーおよびCDの発売については、中止とした場合に「準備が進んでおり、関係各位に迷惑をかける」とし、残る6人のメンバーで行うが、ツアー終了後には年内の活動停止に入る。なお、当該の未成年メンバーについては「年内に限らず当分の間、芸能活動を自粛する」とした。

 "連帯責任"でグループとしての活動にケジメをつけた。ジャニーズ事務所はFAXで「各位をはじめファンの皆様方に多大なご迷惑をおかけした。今回の事態を重く受け止め、年内のNEWSとしての活動を休止とさせていただく」と発表した。

 一部でうわさされたグループの解散について事務所は、「ない。あくまでも活動休止」と説明。また、未成年メンバーのグループ脱退についても否定した。

 〔後略〕

 NEWSとしては5月以降年内活動休止、今回問題を起こした草野は「当分の間」活動自粛ということらしい。ファンにとっては残念かもしれないが、事務所にとっては最良の措置だろう。

 ということで、活動休止という措置の事務所にとってのメリットをみていこうと思うが、その前に、ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny's net」に掲載された文章を引用しておく。

今後の NEWS の活動について

 平成18年2月3日

 NEWS の未成年メンバーの未成年者飲酒等を内容とする報道に関しましては、現在も、事実関係を鋭意調査中ですが、ここに今後の NEWS の他のメンバーの活動について、ご報告いたします。

 NEWS につきましては、今回、各位をはじめファンの皆様方に多大なご迷惑をおかけしたことから、3月に予定されておりますツアーの催行、およびCDの発売については、その中止を含め慎重に検討させていただきました。 その結果、同ツアー、およびCDの発売につきましては、すでに準備が進んでおり、中止とした場合、関係各位にさらにご迷惑をおかけしてしまうことや多くのファンの方のご希望もあることから、いずれも予定どおり行なうことと決定いたしました。 もちろん、今回の未成年メンバーにつきましては、すでにお伝えのとおり、当分の間芸能活動を自粛いたしますので、いずれについても同人は参加せず、6人のメンバーで行うこととさせていただきます。

 そして、今回の事態を重く受け止め、上記ツアー終了後、年内の NEWS としての活動を休止とさせていただく予定です。

 関係各位、およびファンの皆様には、改めて多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びするとともにご報告申し上げます。

メリット1 飲酒疑惑報道の幕引き

 何と言っても、これが一番大きなメリットである。活動休止というインパクトの強い処分をすることによって、飲酒疑惑に関してはうやむやなまま終わらせることができるだろう。「鋭意調査中」などと言っているが、ビデオを手に入れれば良いだけなのだから、それを持っている出版社などに頭を下げればそれで済むではないか。それをしないのは、調査などするつもりがないからとしか考えられない。

 結局、飲酒の有無に関しては明らかにしないまま、なんとか幕を引いてしまおうということなのだろう。さらには、その先にある「破廉恥プレイ」に関しても黙殺するに違いない。

 NEWSが活動休止となれば、たとえ今回の飲酒騒動の調査結果を発表したとしても、マスコミも取り上げる必要性は低くなる(そういう言い訳ができる)。結果として、報道されない(というか、その前に調査結果を発表しないだろうけど)。素晴らしい隠蔽工作ではないか。

メリット2 山下智久ソロ活動重視へ

 NEWSの中で事務所にとって重要なメンバーは、山下智久・錦戸亮・内博貴(活動休止中)の3人であろう。だが、後者2人は関ジャニ∞のメンバーでもあるので、実質NEWSは山下智久をバックアップするためのグループと見ることもできる。

 もともと、山下はソロ活動ができるだけの人気があるので、事務所としても、ソロ活動に力を入れたいという気持ちはあっただろう。今回の活動休止で、ソロ活動重視の理由付けができたわけだから、可能性としては、山下智久ソロCD発売なども考えられる。修二と彰も売れたことだし、このタイミングでのソロデビューは悪くない。

 実際にソロデビューするかどうかは分からないが、ドラマ以外のソロ活動も行う可能性は高いだろう。

メリット3 KAT-TUNを前面に

 KAT-TUNのCDデビュー発表直後のこの一件。少しでも波紋を小さくするための手段として、事前にデビューを発表したのではないかと勘ぐられても仕方がないような絶妙のタイミングである。

 NEWS活動休止で最も恩恵を受けるのはKAT-TUNなのではないだろうか。すでにジャニーズ事務所のKAT-TUNシフト的な体制は見られていたが、その傾向はより一層強まるだろう。NEWSがレギュラーで出演するテレビ番組はないが、KAT-TUNには「歌笑HOTHIT10」があるし、以前には「KAT-TUN×3」という冠番組も放送されている。デビューとなれば、新しいレギュラーを持つ可能性もある。

 活動休止によってNEWSのファンが、KAT-TUNへと移行するかもしれない。順風満帆なデビューを後押しする強い風になるのではないだろうか。

メリット4 そしてYa-Ya-yahも

 KAT-TUNの後に控えているYa-Ya-yahにとっても、NEWSの活動休止は追い風になるのではないだろうか。本格的なデビューはまだだとしても(CDデビューはしているけど)、「少年倶楽部」でメインになる可能性はある。当然、KAT-TUNや関ジャニ∞が中心になるだろうが、彼らが他の仕事の関係で出演できないとなれば、Ya-Ya-yahに回ってくるかもしれない。

 そもそも、Ya-Ya-yahは冠番組「Ya-Ya-yah」を持っているわけだが、そのYa-Ya-yahの番組に、NEWSのメンバー数名がレギュラーとして出演しているというのは、何となく転倒しているような気もする。それを考えると、すでにNEWSのポジションというのは微妙なのではないだろうか。そして、さらに微妙なポジションになっていくのではないだろうか。

メリット5 NEWS活動再開という一大イベント

 今回の報道によれば、来年早々にNEWSは活動を再開するようだ。これは、一つの大きなイベントになりうるだろう。

 となれば、当然それを売りにして、セールスを上げることを目指すのではないか。ファンにとっては一年ぶりぐらいの新曲になるわけだし、メディアも大々的に取り上げ(取り上げさせられ)、デビュー時同様の売り出しをするかもしれない。

 「一年間の活動休止を乗り切って」というようなキャッチコピーと、大学進学率の高さをもって、「いろいろ苦労したけど、しっかりとがんばっている真面目なグループ」的な印象を強め、新たなファンを獲得する。事務所関係者の頭の中にはそんなシナリオが渦巻いているのではないだろうか。

メリット6 内博貴復帰のタイミング

 内博貴はいつ復帰するのか。NEWSか関ジャニ∞のどちらかの活動の中で復帰するということになるだろう。

 NEWSの方から復帰するとなれば、NEWS自体の活動再開と同時に復帰という相乗効果が得られるタイミングになるだろう。同時復帰であれば、飲酒問題に触れられるのも一度で済むし、ファンからすればイベント感が高まることだろう。

 一方、関ジャニ∞から復帰する場合も考えられる。関ジャニ∞は、NEWSほどには一般に認知されていないので、かつての飲酒問題についてもあまり大きく取り上げられないままに復帰できるだろう。その復帰時にNEWSが活動休止していれば、より一層彼の復帰の話題性は低くなる。いつのまにか復帰、というベストな状況になるのではないだろうか。

メリット7 ジャニーズ事務所の責任回避

 私の基本的なスタンスは「事務所憎んでタレント憎まず」である。もちろん、タレントにも問題はあるだろう。しかし、特に若いタレントを扱うプロダクションというのは、彼らの教育や管理を徹底しなくてはいけない。だが、ジャニーズ事務所はその部分が大きく欠けているように思う。問題が起これば、全てタレントの責任として、事務所としてはなんのお詫びもしない。それは、今回も同様である。

 〔前略〕

 同グループについては、別の未成年メンバーが昨年、フジテレビの女性アナウンサーと飲酒した後に補導され、無期謹慎中。事務所では、「同じグループで二度も同じようなことが起こり、責任は重大」として、活動休止を決めた。

 〔後略〕

 「責任は重大」なのは、NEWSではなく、ジャニーズ事務所ではないのか。会社の社員が不祥事を起こしたら、その社員が悪かったですで終わらせられるだろうか。状況にもよるが、普通は、会社としての謝罪が行われ、代表者などが辞任する場合だってある。NEWSのメンバーの不祥事に対して責任を負うべきなのは、他のメンバーではなく、事務所であり、さらにその代表者、すなわち、ジャニー喜多川(喜多川擴)なのではないか。

 確かに、上で引用した、ジャニーズ側の発表の最後にはお詫びの言葉も述べられている。しかし、それは決まり文句のようなものでしかない。結局は、NEWSに責任を押し付けているのである。

 このような考え方が事務所の上層部にある限り、NEWSのメンバーは減り続けるかもしれない。本当にファンやタレントのことを大事だと考えているのなら、もっと違う対応ができるのではないだろうか。いいかげんに反省してもらいたいものである。

 いやはや、また飲酒騒動とは忙しい。つい先日、KAT-TUNのCDデビューが大々的に発表されただけに、タイミングが悪いというか、良いというのか……。

 ジャニーズ事務所は1月31日、人気グループNEWSの17歳のメンバーBの芸能活動を当面自粛することを発表した。Bはこの日発売の月刊誌で飲酒したと報じられた。自粛期間は未定。

 同事務所によるとBは「飲酒はしていません」と否定しているが事務所側は「誤解を招く行動を起こした」として活動自粛の処分を下した。さらに「現在事実関係を鋭意調査中」とし、調査が終了した段階であらためて見解を示す。

 Bは今春から、自己推薦入試で合格した都内の有名私大に進学する予定。所属事務所関係者は「本人が飲酒していないと話していることもあって、現段階で進学への影響はなさそうです」と話している。

 飲酒騒動を報じた月刊誌によるとBは昨年秋、制服姿で女性と都内のカラオケボックスに入り、歌唱を楽しんだという。盗撮したと思われる映像には、テーブルの上のチューハイや発泡酒の缶などが写っている。Bが缶を口元に運ぶ場面も掲載されている。

 NEWSは昨年7月、ほかのメンバーAが飲酒により補導され、芸能活動の無期謹慎処分を受けている。Aの復帰時期は現在も未定のままだ。

 同事務所は多くの未成年タレントを抱えている。これまでも飲酒や喫煙が明らかになったタレントを解雇するなど、厳しい処分を下してきた。今回も本人は否定するもののタレントとしての自覚の欠如を重く見ている。「関係各位及びファンの皆さまには多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と書面で謝罪している。

 私は、この写真が掲載された『BUBKA』等は見ていないが、ジャニーズの発表によれば、草野本人であることは間違いないということだ。上記記事中に出てくるAというのは、内博貴のことで、いまだ謹慎が続いている。そのような状況の中で、さらに飲酒問題が浮上するというのは、一体どういうことなのだろうか。事務所にも問題があるし、草野本人にも問題がある。同じグループのメンバーが謹慎しているというのに、何の自覚も反省もなかったということだろう。

法政大学合格取り消しの可能性

 内の場合は、ドラマ「がんばっていきまっしょい」の主要キャストとして出演していたため、周囲に与える影響が大きかった。だが、草野の場合は大学への進学が控えていたこともあり、ドラマの出演等はなかった。その点ではまだましだったと言える。ただ、自己推薦入試で法政大学に合格したとはいえ、今回の一件で合格取り消しになる可能性は高い。

 記事中には、「所属事務所関係者は「本人が飲酒していないと話していることもあって、現段階で進学への影響はなさそうです」と話している」とある。このコメントは詭弁のような印象を受けるが、かといって否定は出来ない。「現段階」ではまだ影響がないということ自体は事実だからだ。だが、どんなに「本人が飲酒をしていない」と主張したとしても、それはなんら意味のないことである。重要なのは、本人がどう言っているかではなく、事実がどうであるかということだ。

 もしも草野の飲酒が事実であれば、法政大学としても自己推薦で受け入れることは出来ないだろう。

有名私立大学とジャニーズの思惑

 最近、ジャニーズのタレントが有名私立大学への進学を決めることが増えている。「NEWS」のメンバーを見ても、山下智久・小山慶一郎が明治大学、加藤成亮が青山学院大学、手越祐也が早稲田大学、そして草野博紀が法政大学と、有名私立大学のオンパレードと言えよう(後者3人は進学予定)。これ以外にも、ジミーMackyが早稲田大学に合格したことも記憶に新しい。

 高校時代から芸能活動を続けているタレントは、大学に進学しない場合も多い。進学したとしても、いわゆる有名私立大学に合格するというとはまれで、偏差値の低い大学への進学がほとんどであった。堀越学園から亜細亜大学へという流れは昔から良く見られたような気がする(堀越学園や亜細亜大学を否定しているわけではありません)。だが最近は、上に挙げたように、有名私大への進学が目立つ。

 内部進学である加藤を除いて、彼らに共通しているのが、推薦やAOによる合格という点だ。かつて、早稲田大学に広末涼子が入学したことがあったが、あの時はいわゆる一芸入試であった。有名私大と言えども、少子化等により、経営が楽とはいえない状況である。そのため、どの大学も、受験生確保に躍起になっているのだ。大学の人気を上げるための一つの手段として、有名タレントを入学させるというのは、昔からある手法だが、特に近年、有名私大においてもその傾向が強くなっているのだろう。

 もちろん、いくら人気のあるタレントだからとは言っても、その大学に相応しくない人間を合格させるようなことはないはずだ。だから、彼らの実力も十分にあると考えて良いと思う。しかし、では一般入試を受けたら受かるかというと難しいのではないかと思う。つまり、一般入試で合格できるレベルより上の大学に合格することができ、ジャニーズ側にとってもメリットは大きい。双方にとっておいしい話なのである。

 これは別に悪いことではない。そもそも自己推薦やAO入試というのは、学力的には多少劣っていても、それ以外の点(運動や芸術、人間性など)で魅力的な面を持っている人物を入学させることが目的なのだから、タレントとして活躍している彼らを合格させるのは当然と言っても良いのだろうと思う。

 しかし、時には、今回の一件のように、合格させた後で何らかの問題が発生するということも十分に起こりうる。こうなった時に、大学側のイメージ低下は免れない。また、問題が起きなかったとしても、タレントを安易に入学させているという印象を一般の人々に与える可能性もある。事実、早稲田大学は広末涼子を入学させたおかげで、イメージが低下した。その点、慶応大学は確固としたブランド力を持った強さというか、安定感があるためか、タレントを推薦入学させることは見られない。

バッドニュースだらけの「NEWS」

 North(北)・East(東)・West(西)・South(南)の頭文字をとって名付けられた「NEWS」。当然、「ニュース、報道」の意味の「news」とかけたネーミングであろう。皮肉にも、後者のニュースが先行していしまい、文字通りニュースだらけ、それもバッドニュースだらけのグループになってしまった。森内貴寛・内博貴・草野博紀と、三人ものメンバーが問題を起こすとは、事務所側としても予想だにしなかった想定外のことだろう。

 もともと、このグループは状況や活動地域によってメンバー構成を変化させるという体制をもっている。私は、デビュー当時、ハロープロジェクトのシャッフルユニットを意識してこのような体制にしたのかと思っていた。だが、ふたを開けて見れば、メンバーの個人活動の状況に合わせて、忙しければグループ活動に参加しない場合もあるという感じでしかなかった。おそらく、結成当初から、メンバーのばら売りが想定されていたのだろう。山下や内、錦戸のように当時から人気が高かったメンバーの個人活動を制限しないための抜け道的な体制だったと考えられる。

 このように、特殊というか、臨機応変というか、都合の良いというか、そんな体制で始まったグループだが、森内が抜け、内・草野が謹慎という状況なると、流動的な体制というのもまた皮肉に感じられる。すでに、一部報道では「メンバーは7人」という、内の存在を無視したような書き方もされており、場合によっては、「NEWS」は6人になる可能性もある。

 錦戸はソロ活動も行い、山下はドラマに引っ張りだこであることから、「NEWS」崩壊という最悪のシナリオもありうるかもしれない。しかし、ジャニーズの方針では、完全なソロ活動は認めていないようなので、解散する可能性は非常に低いだろう。ただ、KAT-TUNのCDデビューにより、その存在感が薄まるということは十分に考えられるし、山下らのソロ活動(あるいは、修二と彰のようなグループ外の活動)に重きが置かれるということもあるのではないだろうか。

 「NEWS」のメンバー8人(内を含めて)の中で、大学進学は5人(草野を含めて)。ジャニーズきっての知性派グループということになるわけだが、同時に、最も問題を起こす率が高いグループとなってしまった。これまた、皮肉なことである。

飲酒している「ふり」で活動自粛

さて、話を飲酒問題に戻そう。

 〔前略〕

 31日発売の月刊誌「ブブカ」によると、未成年メンバーがカラオケボックスで、ファンらしき女性と2人で、制服姿のままチューハイ缶を手に取り乾杯。その缶を口にしたり、曲を熱唱する姿を巻頭で3ページにわたって写真で掲載している。この写真はビデオ映像から転写したとみられる。

 撮影日時は不明だが、制服が冬服で、少年が修二と彰の「青春アミーゴ」を熱唱していることから、同誌は「昨年10月から12月中旬ごろ」としている。

 所属事務所の事実確認に対して、少年は「口まで持っていったが、実際には飲んでいない」と、飲酒の事実を否定しているという。その上で同事務所は、この日の夕方、マスコミに向けたファクスで見解を発表した。

 それによると「本人に確認致しましたところ、飲酒の事実はないとのことですが、誤解を招く行動を起こしたことで、弊社においても現在、事実関係を鋭意調査するとともに、関係各位への影響を考え、当分の間、本人の芸能活動を自粛することを決定しました」としている。

 〔後略〕

 ジャニーズ側の発表によれば、草野は、缶チューハイで乾杯をし、それを口に持っていったものの、飲むふりだけで止めたということらしい。だから、飲酒はしていないが、紛らわしいことをしたから、活動を自粛させるとともに、事実関係を調査するそうだ。

 まず、この発表からいけば、草野の名前を伏せる必然性は微塵もない。にもかかわらず、私が見た限り、名前を出している報道は皆無だったし、法政大学という大学名さえも、有名私立大学などとして伏せられていた。報道側の自主規制だろうか。あたかも、飲酒が事実であるかのような自主規制っぷりに、正直、苦笑せざるを得ない。

 ジャニーズがすべき事実関係の調査は簡単である。写真のもとになったビデオ映像を見れば良いのだ。『BUBKA』はそのビデオを持っているのだろうと思うが、それを見た上で記事にしたはずだから、どう考えても草野の飲酒は事実であろう。証拠ビデオがあるにもかかわらず、口まで持っていっただけなどという稚拙極まりない言い訳をするとは、お粗末としか言いようがない。あるいは、本当に口に持っていっただけなどという、冗談みたいな事実があるのだろうか。

 なにはともあれ、飲酒をしているふりだけで自粛をするとはなかなか厳しい。裏を勘ぐりたくなるのは当然だろう。噂によれば、そのビデオの中で、草野はかなり横柄な態度をとっていたらしい。それが事実だとすれば、飲酒したかどうかという以前に、そういうおごり高ぶった、天狗状態になってしまったということの方が重大だと思う。20代前後の若手タレントが人気の上昇と共に陥りやすい穴である。以前、赤西仁と上原多香子の熱愛報道の際にも同じようなことを書いた。こういうタレントの意識を上手く制御するのが事務所の仕事であろう。タレントたちの未来のために、もっと気を引き締めてもらいたいものだ。

もう一つの見方

 ここで終わりにしても良いのだが、一応、ジャニーズ(草野)擁護的な見方も示しておこう。

 今回の一件、何と言っても大きいのはビデオの存在である。私は、『BUBKA』を見ていないが、ネット上で見つけた画像を見る限り、そのビデオの映像は、監視カメラのものではない。つまり、盗撮である。しかも、カメラの真正面に草野が映っている。そういうシーンを選んで掲載したのかもしれない。しかし、偶然隠しカメラがしかけられていたカラオケボックスに草野が来て、酒を飲む(ふりをする)などといううまい話があるだろうか。

 何が言いたいかというと、草野ははめられたのではないかということだ。誰によってかは分からない。だが、このようなうまい偶然の裏には、何らかの意図があるのではないかという気がするだけだ。根拠のない想像でしかないが、事前にセッティングされていたカラオケボックスに上手く連れ込まれた可能性もあると思う。だとしても、誘いに乗った草野自身に問題はあるだろうけど。

 本当に偶然かもしれないし、そうではないかもしれない。それは分からないが、少なくとも、ビデオがあることは事実である。たとえはめられたのだとしても、草野が悪くないということにはならない。多少、情状酌量の余地が見えてくるというぐらいだが、一応最後に書いておいたまでである。

序盤の感想

|

 今期のドラマが始まってから、録画する一方で観る時間がなかったのだが、ここ2週間程度でまとめて観たので、序盤の感想としてまとめておこうと思う。第一話は作品ごとに感想を書こうと思っていたのだが、結局まとめて書くことになってしまった……

 なお、今期視聴している(いた)のは「危険なアネキ」「1リットルの涙」「鬼嫁日記」「ブラザー☆ビート」「花より男子」「野ブタ。をプロデュース」の6作である。

危険なアネキ

 第一話のみの視聴(第三話は録画したがまだ観ていない)。

 第一話を観た感じでは、全体的に空回りしている印象だった。コメディーにしようとしているのは分かるが、なにか空々しい演出であまり笑えない。佐藤二朗、荒川良々、清水ミチコら個性的なキャストを揃えているのだが、コメディーの側面を強調するためだけであるように見えてしまった。月九は月九らしくしてればいいんだ!と言いたくなってしまう。そう言いながら、月九的なドラマの場合はいかにも月九的で面白くないと思ってしまうのだが……

 皆川寛子(伊東美咲)と弟の勇太郎(森山未來)は正反対の性格で、その二人の織り成すドタバタ劇は面白そうだが、借金が絡んできたりとシリアス面をちらつかせるのはあまり好きではない。とりあえず第三話は観るが、その後も続けて観るかは分からない。

1リットルの涙

 実話をもとにしたドラマだが、おそらくかなり脚色されているのだろうと思う(原作を読んでいないので確実ではないが)。にもかかわらず、エンドロールの際にモデルとなった木藤亜也さんの写真を出すというのはあまり賛成できない。しかも、それが純粋に、本当にこのような病気で苦しんだ少女がいるのだという世間へのアピールという感じではなく、視聴者の涙を誘うための演出目的であるように感じられるのがいただけない。エンドロールに本人の写真を入れたことの意図を聞いてみたいものだ。

 ドラマ自体は落ち着いて観られる佳作と言えよう。亜也(沢尻エリカ)も遥斗(錦戸亮)もしっかりとした演技だし、他のキャストも違和感なく演じている。神経内科医の水野(藤木直人)を見ると、「高校教師」を思い出してしまうが、この医師は真面目な人のようなので安心だ。

 ドラマ自体の内容とは関係ないが、ジャニーズのタレントが出ている番組にワタナベエンターテインメント所属のD-BOYSのメンバーである遠藤雄弥が出ていたので、少し驚いた。D-BOYSはジャニーズの圧力を受けていないようだ。やはり歌手ではないからか。もうヴィジョンファクトリーのタレントにも圧力かけなくて良いだろうに。w-inds.だってFLAMEだってがんばってるんだから、Mステとかに出してあげようよ。

鬼嫁日記

 第一話のみで視聴中止。

 久しぶりにひどいドラマだった。最近の関テレはそれなりの作品を作っていたのだが、これはひどい。一話すらまともに見られず、途中で早送りしてしまったのは初めてのことである。

 原作のブログ版も書籍版も読んだことはないが、ドラマ化には無理があったのではないだろうか。話題性の高い原作をドラマ化するという傾向は最近つとにみられるものだが、話題性だけで選ばないでほしい。結果として原作を汚すことにもなるのだから、ドラマ化するのであれば、検討を重ねた上で作ってほしいと思う。

 以前放送された「アットホームダッド」と同じ舞台で物語が展開するという設定は面白い。それを上手く活かしたオープニングも良かった。しかし、肝心のストーリーがダメでは仕方ない。

 山崎一馬(ゴリ)が鬼嫁の早苗(観月ありさ)にいびられるわけだが、その内容が何とも小粒でつまらない。しかも、なんだかんだ言って二人は仲良さそうだし。どうでもいいような夫婦の話を聞かされても楽しみようがない。やるならもっと派手にしてほしいものだ。

 また、演出も安っぽさが感じられて良くない。いつの時代のドラマなんだか。わざと安っぽい演出にしているのならまだ救いがあるが、そうだとしても、意図的であることが伝わらなければダメだろう。

ブラザー☆ビート

 イケメン俳優の共演で、人気が出るかと思ったが、それほど話題にはなっていないようだ。「渡る世間は鬼ばかり」の後釜というのがネックだったのだろうか。

 確かにずば抜けた魅力はないが、小松江里子・伊藤一尋コンビだけに、安定したレベルは保たれている。春恵(田中美佐子)の男っぽさが楽しいし、達也(玉山鉄二)・陸(速水もこみち)・純平(中尾明慶)の三人兄弟も微笑ましい。

 第4話までの流れを見ていると、長男→次男→三男→長男→次男→…という順番で一話ごとに中心人物を変えながら物語が進んでいくようだ。三人ともそれぞれ違った性格でぶつかり合うこともあるが、互いに補い合っているという面の方が強い。その三人と春恵の四人のやりとり(実際には、その中の一人に対する他の三人のやりとり)が視聴者と同じ目線であるのが面白い。家族であっても、当事者でなければ他人事のように眺めてしまうという感覚なのだろう。

花より男子

 岡田准一主演「メゾン・ド・ヒミコ」が放送される予定だった枠だが、主題歌をめぐり、TBSとジャニーズがもめた結果、急遽「花より男子」に変更されたという報道もあったいわく付きの作品である。その割には松本潤が準主役で出演している。まあ、TBSからジャニーズの全タレントが引き上げるなどという憶測も呼んだが、上手く収まったのだろう。

 原作のおかげもあってか、面白いドラマになっている。細かい部分にはツッコミどころ満載なのだが、それらに目をつぶれば十分に楽しめる。

 金持ちが集う学校の中でも格が違うF4の4人。その中心人物である司(松本潤)の言動を見ていると、あまりに矛盾が多いような気がする。しかし、よく考えて見れば、彼はまだ高校生なのだ。どんな高級車に乗っていようとも、高校生は高校生。つくし(井上真央)への想いに気付いた後の行動などは何ともかわいらしい。つくしの方がよっぽど大人だろうと思う。

 ただ、司が自分の気持ちに気付くのが早すぎるような気がする。もう少し伸ばしても良いのではないだろうか。これは、「野ブタ。をプロデュース」の修二に関しても同様であるが、それまでの描写から考えると急展開すぎる印象を受けた。もちろん、つくしへの想いに気付いてからが面白い部分ということなのだろうから、無駄に伸ばす必要もないのだが、それならそれで、違和感を抱かないぐらいの伏線を入れておいてほしい。姉の椿(松嶋菜々子)の一言で、一気に積極的になってしまうとは。それだけ「単純バカ」だという受け取り方で良いのだろうか。ちょっと、はじめの頃の冷徹な印象とはギャップがありすぎる。

 今後は子供っぽいマヌケキャラとしての司と、大人っぽいしっかりキャラのつくしのコンビで笑わせてくれるに違いない。楽しみにしよう。

野ブタ。をプロデュース

 放送開始前から話題をさらったが、放送開始後も主題歌が出荷100万枚を突破するなど、今期で一番注目されているドラマだろう。「ごくせん」「女王の教室」に引き続き、高視聴率を記録することになりそうだ。それにしても、最近の日テレ土曜9時枠は大健闘している。今さらながら日テレブランド確立か。

 ストーリー自体も面白い。ジャニーズ二人組に寄りかかった作品かと思っていたが、予想以上に良くできている。テンポの良さは抜群だし、主要人物のキャラクターもブレがなくて安心できる。ただ、あのカッコイイ制服はズルイ!と思うのは私だけではないだろう。

 はじめは、彰(山下智久)のキャラが良く分からなかったのだが、見ているうちに惹き込まれてしまった。修二(亀梨和也)が自分を冷静な人気者にプロデュースしているように、彰も自分をプロデュースしているのだろう。彰は周囲に嫌われているが、彼自身はとても楽しく学校生活を送っている。そして、何ものにも縛られていない。一方の修二は確かに人気者だが、それゆえに彼は八方美人でいなくてはならず、実は不自由な生活の中にいるのである。家の中で見せる彼の自然な姿の方が魅力的に感じるのだが、学校では自分を演出しなくてはいけないという一種の強迫観念が彼の中にあるのかもしれない。

 信子(堀北真希)がどういう気持ちで学校生活を送っているのかは分からないが、彼女自身は非常に強固な心を持っているようだ。彼女がいじめられ続けるのは、彼女自身の強さゆえに、いじめをそれほど苦にしていないからではないだろうか。彼女の強さを持ってすれば、いじめられっ子でなくなるのは大変なことではないように思う。彼女は「変わりたい」と言ったが、その気持ちはあまり強くはなかったのではないか。現状でも良いという気持ちが心のどこかにあったのではないか。だから変わらなかっただけなのではないか。そんな気がする。それが、おそらく恋愛によって、切実な変身願望へと昇華するのだろう。

 高校を舞台にした学園もののドラマだが、その世界は不思議な浮遊感の中にある。不思議な人物が登場したり、不思議な行事が行われていたり。非日常的な日常空間の中での青春友情物語はありきたりに見えて、非常に新鮮である。このレベルの作品をオリジナル脚本で生み出してくれれば、学園ドラマの未来は明るいと思うのだが、原作依存の傾向は今後も続くのだろうか。

まとめ

 ということで、現段階では「野ブタ。をプロデュース」「花より男子」が一歩先を行っている感じだ。それを追うのが「1リットルの涙」「ブラザー☆ビート」といったところか。

 ただ、今期は全体的に低調なようなので、あまり期待しないのが賢明かもしれない。

「英語対決!勝負だバカ6人」

 今回の中心は、英語。洋楽を使って英語に慣れる、というのもやはり、すでに広く実践されている内容で、これといった新奇さはなかった。

 このドラマで描かれる勉強法というのは、基本的にすでに提唱され、認められているものを少しアレンジし、誇張したにすぎないような気がする。もちろん、勉強法だけがドラマの魅力ではないので、全体を否定することはできないが、革新的な勉強法を期待していただけに、物足りない感じがしてしまう。すでに有効的な勉強法というのは出尽くしてしまったということかもしれない。それだけ、受験ということが一般的であるのだろう。

 なお、今回、東大英語の自由英作文は減点法で採点されるということが説明されたが、これは東大に限ったことではなく、ほとんどの場合、自由英作文は減点法による採点である。だから、曲がりなりにも高校の英語教師として働いている真々子(長谷川京子)が東大の問題を見て、減点法であると気付かなかったというのは違和感がある。龍山高校は大学受験をする生徒自体が少ないということだろうか。確かに、自由英作文が出題されるのは国立大学や、上位クラスの私立大学であることを考えると、彼女が知らなくても当然なのかもしれない。

 ちなみに、自由英作文に限らず、国語・社会・理科の記述・論述問題や小論文なども基本的に減点法で採点される(問題によって、必須事項が設定されている場合が多いが)。自由英作文で簡明な構成、容易な単語、短い文を心がけることは基本であるし、それは論述や小論文などでも同様だ。どれだけ丁寧に細かく書こうとも、必要最低限のことしか書いていない答案より高得点になることはない。むしろ、余分な部分に間違いがあれば、そこで減点されてしまう。減点される可能性を減らすためには、無駄なことを書かないに限る。

 そういう、受験の基本とも言える知識を身につけることは、受験体制に入る第一歩である。受験勉強(特に大学受験)は志望校に合わせた勉強が不可欠であるから、まずはじめに志望校の傾向を抑えなくてはならない。東大に受かった人が早稲田に落ちるなどということがざらにあるのは、早稲田向けの勉強をしていなかったというだけのことで、東大に偶然受かったということではないし、ましてや東大よりも早稲田の方が難しいというわけでもない(問題にもよるし、個人的な感じ方にもよるが)。

 だから、今回、特進クラスの矢島(山下智久)・水野(長澤まさみ)・緒方(小池徹平)・香坂(新垣結衣)・小林(サエコ)・奥野(中尾明慶)が、龍山一の優等生で、帰国子女の栗山祥太(橋爪遼)よりも高得点をとったのは当然と言える。桜木(阿部寛)が言ったように、情報は力なのだ。こと受験に関しては、情報の力は大きい。だから、多くの受験生は、膨大な情報を持っている大手予備校に通うのである。

「壁にぶつかるまで我慢しろ」

 桜木(阿部寛)率いる特進クラスに、桜木の恩師である“東大数学の鬼”柳鉄之介(品川徹)が迎えられた。昔ながらのスパルタ教育、詰め込み教育主義者で、矢島(山下智久)ら生徒の反発を受けるものの、さすがは鬼というだけあって、やっていること自体は納得できる。

 息抜きも兼ねた「トランプ勉強法」も面白いが、なんといっても真骨頂は「問題解答同時プリント」である。実際に解くのではなく、解き方を頭の中で考え、3分たったら答えを見て確認という方法はとても理にかなった勉強法である。これに類する勉強法はすでに和田秀樹らによって提唱されているので、特に目新しいわけではないが、それだけに説得力があった。

 数学はとにかく数をこなすことが必要なので、計算部分を省略し、ひたすら解き方を勉強するというのは、限られた勉強時間を有効に利用する方法だろう。個人的には、この勉強法にいたる前の、基本的な公式類を習得する段階における斬新な勉強法を提示してほしかったのだが、それは普通に勉強しろということか。普通に教えて彼らがこんなに早く習得できるとは思えないのだが……

 ところで、今回、桜木が東大出身でないことが明らかになった。桜木が東大卒であるならば、東大を出れば良い生活が送れるという彼の主張は、彼自身の置かれている状況(水道代も払えないほどの苦しい家計)と矛盾する、というようなことを以前、どこかに書いた記憶がある。しかし、桜木が東大卒でないとなると、東大に行けという主張は、彼自身の経験を通してのメッセージなのだろう。それならば大いに納得できる。

「遊べ!受験はスポーツだ!」

 桜木(阿部寛)は雰囲気こそウサン臭いものの、やっていることは他の登場人物の誰よりもまともだ。特に、他の教員の行動の幼稚っぽさといったら……。それゆえの龍山なのだろう。

 桜木率いる「特進クラス」には、新たに水野(長澤まさみ)が加わり、計五人となった。その五人の中でリーダー的な存在になっているのが、矢島(山下智久)である。彼は、桜木に300万円で買われたわけだが、彼をクラスに引き込んだのは、300万以上の価値があった。彼は途中であきらめかけた、緒方(小池徹平)や香坂(新垣結衣)を繋ぎとめ、彼らのヤル気を出すきっかけとなったのである。おそらく、桜木が矢島をあそこまでして引き入れたのは、彼の性格を見込んでのことだったのだろう。

 桜木による、勉強はスポーツだという意見は理解できる。秀明館高校の教員である山本(矢沢心)のカレシ候補の一人、東大卒の田中(村上大樹)が反復練習によってボーリングを上達させていたのは、勉強においても反復練習が大切であるということを表していたのだろう。事実、スポーツも勉強も反復が必要であるという点では似ている。

 ただ、「数学は瞬間的に、自動的に、機械的に解け」という桜木の教えは納得しがたい。基礎段階での限定的な場合のことであるならば、賛成できるが、これが東大の問題となるとそうはいかないだろう。東大入試の合格点が低いのは、公式を覚えているだけで反射的に解けるような問題が出題されないからである。東大入試に必要なのは、公式を公式として覚えるのではなく、公式の成立過程を理解し、自分なりに咀嚼することではないだろうか。だから、公式を覚えて機械的に解くことは、初期段階おいては必要なことだろうが、今後もこのやり方で東大に合格できるとは思えない。また新しい勉強法が出てくることを期待する。

 それにしても、あの数学のテストはさすがに無理だろう。高校数学の問題というから、高1程度なのかと思っていたら、高3レベルの問題だった。しかも、対数・三角関数・微積分・数列・行列と、数III数Cの範囲まで入っているようだ。100問程度あったようだが、それを20分で解くというのは、東大合格者でも無理だと思う。100問だとすると、一問12秒で解かなくてはいけない。小中学校レベルの単純な計算問題ならまだしも、高校最高レベルの問題をそんなスピードで解ける人がいたら、ギネスものだろう。

 さらに、机の上には、問題用紙のみで、計算用紙が一枚もない。その問題用紙も、各問の間は1、2行しかなく、解答を書き込んだらそれだけで埋まってしまう。どう考えても暗算で解けるような問題ではないのに、計算スペースが全くないというのは理解できない。あのレベルの問題であれば、計算用紙を別に用意するか、あるいは、問題の間のスペースを十分にとるのが当然だろう。時間を考えると暗算でやるしかないから、計算スペースなど必要ないということかもしれないが、おそらく、プロの数学者でもあの問題を暗算で解ける人はいないだろうし、20分で100点をとれる人はいないだろう。

 あのテストで半分も取っていれば、その時点で数学の学力は相当のレベルに達していると思われる。小中学レベルで四苦八苦していた人間が、一気にそのレベルに達するとは思えない。あの中には、三角関数を積分する問題まであったが、あれを解くためには、三角比・三角関数・微分・積分を理解していなくてはいけないし、それを理解して解けるようになるには、式の計算や方程式、1・2次関数などのより基本的な部分も押さえてなくてはいけない。5日程度では絶対に不可能だ。

 ああいう問題を出題しておきながら、教頭を中心とする反桜木の教員たちは、結果を不安げに待っていたが、はじめからあの問題が解けるわけがないというのが分からないのだろうか。万が一にも、などという可能性は皆無だ。採点の結果は描かれなかったが、もし、1問でも正解していたとしたら、それは本当に奇跡だろうと思う。

「自分の弱さを知れ!」

 作中で、矢島(山下智久)も言っていたが、桜木(阿部寛)の発言は詐欺師に近い。だが、その胡散臭さが阿部寛の魅力であり、このドラマの面白さでもある。

 それにしても、「特進クラス」のメンバーがあまりに簡単に集まったのには驚く。矢島が入るまでには時間もお金もかかったが、あとの緒方(小池徹平)、香坂(新垣結衣)、小林(サエコ)はあっさりとしすぎている。矢島が入ったからという理由なのだろうか。人生の分岐点とも言える、大決断のはずなのに、なんともお気軽な選択だ。それが龍山高校の生徒らしいところなのかもしれない。

 ところで、水道も止められるほどに貧乏な桜木が18万円もするトランペットをどうやって購入したのだろうか?矢島のトランペットを買い戻すために、工事現場でのバイトをしたということか。だとすると、桜木というのは、大雑把そうに見えて意外と細やかな心を持った人間に違いない。

 なお、矢島を説得するシーンで、桜木が「受験は今の日本に残された唯一の平等」というような発言をした。しかし、それには賛成できない。ある程度の資金がなくては、平等な土台に立って受験をすることなど不可能だからだ。
 大学受験であれば、まず高校を卒業(あるいは大検に合格)しなくてはいけない。それには、授業料などがかかる。また、実際に受験する段になっても、決して平等ではない。金持ちは、有名な予備校や家庭教師によって、効果的な受験勉強をし、様々な情報を得ることもできる。一方、そんな余裕がなければ、自力でやるしかないが、参考書代もかかるだろうし、長年の蓄積のある予備校などのノウハウを得られないのは、決定的に不利である。それを乗り切ったとしても、最後には受験料という問題もある。
 また、住んでいる地域によって、不利になることもあるだろう。センター試験は各地で受けられるが、たとえば東大の本試験を受けるとなれば、東京まで来なくてはいけない。地方からの受験者にとっては、交通費や宿泊費というような費用面の問題もあるし、不慣れな地域での試験というのは圧倒的に不利である。このように、受験といえども、そう単純に平等だとは言えないと思う。

 それはともかく、とりあえず、今回までは前奏で、次回以降、本格的に「特進クラス」が始まる。果たして、どんな勉強法なのだろうか。そして、クラスのメンバーたちはついていけるのか。他の教員たちはどうなるのだろうか。まだまだ目が離せない。

「バカとブスこそ東大へ行け」

 一応は期待程度の内容だったと思う。物足りない感じもしたが、初回はこの程度だろうか。仕方のないことだが、主要人物の紹介とドラマの方向性の提示に終始した感もある。

 桜木建二(阿部寛)は口が達者な貧乏弁護士。この設定は、「最後の弁護人」「トリック」での彼の役にそっくりなのだが、同様の設定に見慣れているせいか、ハマリ役のような感じがする。阿部寛にはどことなくウサン臭さと投げやりっぽさが感じられるので、こういう役に向いているのかもしれない。彼の出るドラマは彼の言動を観ているだけでも面白い。だから、本作も阿部寛主演というだけで楽しみなのだ。

 一方、龍山高校3年生の主要なメンバーは矢島雄介(山下智久)、水野直美(長澤まさみ)、緒方英喜(小池徹平)、奥野一郎(中尾明慶)ら。それにしても、小池徹平はこのところ、あらゆる学園ドラマに出演している。「ごくせん2」「ウォーターボーイズ」「ヤンキー母校に帰る」などと大忙しだ。バーニング所属だからだろうか?その割に、相方のウエンツ瑛二はドラマではほとんど見かけない。演技力や人気の問題なのだろうか。

 また、山下智久が挿入歌を歌うということが話題になっていたが、第1回の中では、あまり効果的な使われ方ではなかった気がする。「ごくせん2」では亀梨和也の「絆」が挿入歌として使われていたが、こちらはとてもよかった。メロディーや歌詞が作品に合っており、効果的な場面で使われていたので、いまでもあの曲を聞くと「ごくせん」を思い出すという人も多いだろう。本作での「カラフル」がそれに匹敵する曲になるかどうかは今後にかかっていると思うが、どうもうまくいかないような気がしてしまう。

 ところで、このドラマは同名のコミックが原作だが、そのコミックは郁文館学園を意識して作られたのだろうか。郁文館は歴史ある名門学校だったが、土地の運用などに失敗し、経営に行き詰まった。その再建に乗り出したのが居酒屋チェーン「和民」などをはじめとして、介護分野など幅広い経営を行うワタミフードサービス社長の渡邉美樹氏である。彼が行った再建の様子は、日本テレビ系列の「ザ・ノンフィクション」(東京では日曜午後2時から)という番組において、第2弾まで放映された。その第2弾が放映されたのはつい1、2週間前のことだ。経営の成り立たなくなった高校を、進学率を高めることで再建するという方向性が似ているので、意識しているように思うのだが、どうなのだろうか。

 それはさておき、ドラマとしては、桜木の言動に注目したい。それと同時に、個性豊かな教員たちの待遇も見所だろう。また、当然ながら生徒たちにも目を向けなくてはならない。だが、初回を見る限りでは、生徒たちに魅力を感じられなかった。阿部寛主演ドラマでは、彼が強すぎて他の出演者が隠れてしまうことがあるので、生徒役の俳優たちもがんばって対抗してほしい。桜木、教員、生徒のバランスが釣り合えば、きっと面白い作品になるだろう。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。