双条光華のエンタメ一刀両断!でタグ「サエコ」が付けられているもの

「英語対決!勝負だバカ6人」

 今回の中心は、英語。洋楽を使って英語に慣れる、というのもやはり、すでに広く実践されている内容で、これといった新奇さはなかった。

 このドラマで描かれる勉強法というのは、基本的にすでに提唱され、認められているものを少しアレンジし、誇張したにすぎないような気がする。もちろん、勉強法だけがドラマの魅力ではないので、全体を否定することはできないが、革新的な勉強法を期待していただけに、物足りない感じがしてしまう。すでに有効的な勉強法というのは出尽くしてしまったということかもしれない。それだけ、受験ということが一般的であるのだろう。

 なお、今回、東大英語の自由英作文は減点法で採点されるということが説明されたが、これは東大に限ったことではなく、ほとんどの場合、自由英作文は減点法による採点である。だから、曲がりなりにも高校の英語教師として働いている真々子(長谷川京子)が東大の問題を見て、減点法であると気付かなかったというのは違和感がある。龍山高校は大学受験をする生徒自体が少ないということだろうか。確かに、自由英作文が出題されるのは国立大学や、上位クラスの私立大学であることを考えると、彼女が知らなくても当然なのかもしれない。

 ちなみに、自由英作文に限らず、国語・社会・理科の記述・論述問題や小論文なども基本的に減点法で採点される(問題によって、必須事項が設定されている場合が多いが)。自由英作文で簡明な構成、容易な単語、短い文を心がけることは基本であるし、それは論述や小論文などでも同様だ。どれだけ丁寧に細かく書こうとも、必要最低限のことしか書いていない答案より高得点になることはない。むしろ、余分な部分に間違いがあれば、そこで減点されてしまう。減点される可能性を減らすためには、無駄なことを書かないに限る。

 そういう、受験の基本とも言える知識を身につけることは、受験体制に入る第一歩である。受験勉強(特に大学受験)は志望校に合わせた勉強が不可欠であるから、まずはじめに志望校の傾向を抑えなくてはならない。東大に受かった人が早稲田に落ちるなどということがざらにあるのは、早稲田向けの勉強をしていなかったというだけのことで、東大に偶然受かったということではないし、ましてや東大よりも早稲田の方が難しいというわけでもない(問題にもよるし、個人的な感じ方にもよるが)。

 だから、今回、特進クラスの矢島(山下智久)・水野(長澤まさみ)・緒方(小池徹平)・香坂(新垣結衣)・小林(サエコ)・奥野(中尾明慶)が、龍山一の優等生で、帰国子女の栗山祥太(橋爪遼)よりも高得点をとったのは当然と言える。桜木(阿部寛)が言ったように、情報は力なのだ。こと受験に関しては、情報の力は大きい。だから、多くの受験生は、膨大な情報を持っている大手予備校に通うのである。

「自分の弱さを知れ!」

 作中で、矢島(山下智久)も言っていたが、桜木(阿部寛)の発言は詐欺師に近い。だが、その胡散臭さが阿部寛の魅力であり、このドラマの面白さでもある。

 それにしても、「特進クラス」のメンバーがあまりに簡単に集まったのには驚く。矢島が入るまでには時間もお金もかかったが、あとの緒方(小池徹平)、香坂(新垣結衣)、小林(サエコ)はあっさりとしすぎている。矢島が入ったからという理由なのだろうか。人生の分岐点とも言える、大決断のはずなのに、なんともお気軽な選択だ。それが龍山高校の生徒らしいところなのかもしれない。

 ところで、水道も止められるほどに貧乏な桜木が18万円もするトランペットをどうやって購入したのだろうか?矢島のトランペットを買い戻すために、工事現場でのバイトをしたということか。だとすると、桜木というのは、大雑把そうに見えて意外と細やかな心を持った人間に違いない。

 なお、矢島を説得するシーンで、桜木が「受験は今の日本に残された唯一の平等」というような発言をした。しかし、それには賛成できない。ある程度の資金がなくては、平等な土台に立って受験をすることなど不可能だからだ。
 大学受験であれば、まず高校を卒業(あるいは大検に合格)しなくてはいけない。それには、授業料などがかかる。また、実際に受験する段になっても、決して平等ではない。金持ちは、有名な予備校や家庭教師によって、効果的な受験勉強をし、様々な情報を得ることもできる。一方、そんな余裕がなければ、自力でやるしかないが、参考書代もかかるだろうし、長年の蓄積のある予備校などのノウハウを得られないのは、決定的に不利である。それを乗り切ったとしても、最後には受験料という問題もある。
 また、住んでいる地域によって、不利になることもあるだろう。センター試験は各地で受けられるが、たとえば東大の本試験を受けるとなれば、東京まで来なくてはいけない。地方からの受験者にとっては、交通費や宿泊費というような費用面の問題もあるし、不慣れな地域での試験というのは圧倒的に不利である。このように、受験といえども、そう単純に平等だとは言えないと思う。

 それはともかく、とりあえず、今回までは前奏で、次回以降、本格的に「特進クラス」が始まる。果たして、どんな勉強法なのだろうか。そして、クラスのメンバーたちはついていけるのか。他の教員たちはどうなるのだろうか。まだまだ目が離せない。

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。